敏感肌にも種類がある|肌に応じた化粧品でケアをしよう

有効な化粧品とは

鏡を見る女の人

青春のシンボルと言われるニキビ。思春期のオシャレを楽しみたい時期によく顔にできてしまうため、ニキビが目立つように感じて、その悩みもとても大きく感じるものです。普通は数日から数週間で良くなりますが、十代特有のホルモンバランスの乱れや食生活によって、なかなか完治しなかったり、ニキビができては消え、消えてはまたできるといったことを繰り返してしまうのです。さらに、ニキビは治ってもニキビ跡が残ってしまうことでさらに大きな悩みに発展することがあります。そのため、ニキビ跡を残さないようなニキビの治し方が大切になってきます。一番ニキビ跡になると考えられるのが、ニキビをつぶすことです。鏡を見てニキビを見つけると、ニキビをなくしたい、目立たなくしたいという気持ちから、つぶしてしまう人は少なくありません。しかし、ニキビをつぶすことは、炎症を起こしたり、さらに悪くなることもあるので、止めたほうが良いでしょう。ニキビをつぶすことが習慣化すると、よりニキビ跡として顔に残ってしまうケースが多いです。個人で勝手にニキビをつぶすのではなく、皮膚科に診てもらうなどして適切な処置をするようにしましょう。また、ニキビ肌用の洗顔や化粧水などでケアをすることも有効的です。ニキビ跡の赤みを薄くするような効果が期待できる化粧水もあります。このような赤みタイプには、ビタミンCが配合された化粧水などを使用すると良いでしょう。ほかにもニキビやニキビ跡には、さまざまな種類があるので、そのニキビに応じた化粧品を使用することが最も重要だと考えられます。