敏感肌にも種類がある|肌に応じた化粧品でケアをしよう

ミネラルの魅力

メイクするレディー

化粧に関するさまざまな悩みを改善してくる優秀アイテムに、ミネラルファンデーションがあります。つけたまま寝ても大丈夫という、ミネラルファンデーションの中でも人気のオンリーミネラルについて調べてみましょう。

Read More

有効な化粧品とは

鏡を見る女の人

ニキビ跡にはさまざまなタイプがあります。中には完全に消すことは難しいといわれるニキビ跡もあります。若者だけではなく大人も多く悩むニキビ跡の改善について、効果的な方法を調べてみましょう。

Read More

肌に合うものを選ぼう

洗顔する人

洗顔石鹸は低刺激の成分で、肌に優しいというイメージがあります。しかし、使用方法を間違えたり、その人に合っていない石鹸を使用することで、肌トラブルを招いてしまう原因になることもあります。

Read More

肌質を見極めよう

美容液

敏感肌の人は肌が敏感なためトラブルになることが多いのです。化粧品を選ぶときにも特に慎重になるといえます。敏感肌用の化粧品は今やさまざまなメーカーから多くの種類が販売されているので、敏感肌といってもその肌に応じた化粧品を使うことが大切です。まずは肌の刺激になるものが少ないものを選ぶことが良いでしょう。ただ、肌に優しい成分だと、肝心の化粧品としての効能も薄くなるのではないかと思う人もいると思います。しかし、そうではありません。肌質改善の効果も大きく期待できる優秀な敏感肌用の化粧品も登場しているのです。スキンケアで大切なのは、肌に合ったものを正しい使用方法で、効果的に使用することです。そのためには、化粧品をトライアル商品などを用いて実際に試してみることが大切です。まずは、敏感肌には大きく分けて4つのタイプに分類されるといえます。アレルギー性や、脂性、乾燥性、そして意外と多いのが実は敏感肌ではないのに、敏感肌だという思い込みタイプに分けられます。アレルギー性の敏感肌化粧品を選ぶ際は、皮膚科に相談しながら自分に合ったものを選ぶことがトラブル回避のポイントとなります。そして、脂性タイプの敏感肌の人は、ベタベタするからといって、何度も洗顔したり、あえて保湿をしないといった人も中にはいます。しかし、肌の中は水分が足りない状態になっていることも多く、きちんと保湿することが重要です。さっぱりした感触でも保湿効果が高い化粧品を選ぶことが使用感の面でもおすすめです。乾燥性の人は、洗顔の段階から見直すことも大切です。低刺激の石鹸を使って優しく洗顔しましょう。そして、敏感肌だと思い込んでいる人の多くは、実は普通肌だったというケースは、生理周期などのホルモンバランスによる肌の変化ではないかなど日頃の生活をしっかりと振り返り、見極めることが大切です。